7月講演会「電力自由化」

7月17日、環境未来館の塩川哲郎講師による「電力自由化」に関する講演会がありました。今年の4月から電力自由化(小売り)が始まりましたが、一般家庭では未だわからないことが多く、勉強会を兼ねての講演会を開催しました。

電力自由化により、私たちは従来の大手電力会社(全国10社)以外の新電力会社からも電力を購入することの選択肢を得ました。既に多くの新電力会社が参入していますが、電力自由化によるメリット・デメリットをよく理解した上で判断することが肝要のようです。注意することは知識不足で電力自由化詐欺にあわないこと、選べる電気使用プランによって安くなる場合(メリット)も、ならない場合(デメリット)もありそうなこと、などなど、時間をかけて十分に検討することが必要かも知れません(お付き合いの電気屋さんに相談する方法も)。

  ➡気づいた主な注意・確認点                  

  1.電気メーターを新タイプに取り換えの場合は、どこの会社でも基本的に無料であること。

  2.停電のリスクは増えないこと(従来の送電網をそのまま使うので)、ただ災害時に発電設備 

    が故障した場合の代替方法は確認の必要がありそう。

  3.解約時に違約金が発生するケースもあり。

  4.新会社の場合で、十分に契約数が伸びずに撤退・倒産するリスクも考慮。

  5.賃貸、アパート、マンションでも基本的に可能(電線を新たに引くわけではないので)。

  6.従来よりも5%~10%程度安くなる広告を出している会社が多いようですが、一人暮しや

    オール電化など、プランによってはそうでもないケースがありそう。

  7、費用だけではなくECO(環境に優しい発電方式を使用)への選択もあり。  などなど。    

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    上江川直子 (水曜日, 27 7月 2016 23:02)

    単に,電気会社を選ぶだけの問題ではなく,蓄電池を備えて新しい電気を自分で発電し,使う電気をコントロールしていく新しい家庭生活の始まりであるというお話でした。ついていけるかしら?

  • #2

    上江川直子 (水曜日, 27 7月 2016 23:10)

    9月の定例会 9月18日(日)13:30~15:40
            場所:宝山ホール第3会議室
      講演会
     「終末医療・尊厳死を考える」   
     講師:五反田満幸先生(五反田内科クリニック院長)に
     鹿児島市長寿支援課からの後援を頂きました。たくさんのご参加をお待ちしています。