11月定例会「訪問看護の現状」

昨年の「終末期医療」に続く在宅医療特集として、訪問看護の専門家(森 恵看護師)による講演会「訪問看護の現場から」を聞きました。

森看護師は、その豊富な看護経験から数多くの事例を紹介し、”死に直面しては、周りの人は本人の意志に寄り添っていくものだと思います”との実体験に基づくお話に、深い感銘を受けました。また、高齢化の加速度的な進行で、近未来には医療、介護難民が増加する予測がありますが、今の若い看護師たちには、訪問看護をやりたいという人も増えている、との明るいお話もありました。内容詳細については、会報83号を参照ください。